kansai socal radio特別編「ラ・ラ・ランド」を語る!

公開されるやいなや、前作「セッション」以上に賛否両論を巻き起こした

ダミアン・チャゼル監督作品「LALA LAND」

アカデミー賞での取り違え珍事や、菊地成孔の酷評レビューなども含め話題になっている本作を関西ソーカルの2人、オノマトペ大臣(支持派)神野龍一(否定派)の2人で語り合いました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です