wpmaster のすべての投稿

ネオ青空カラオケシーン byオノマトペ大臣

都会のクジラが鳴いている。JR大阪駅構内の広い空洞を南に向かうと次第に大きくなっていく音。人々の群れとお喋りの間を木霊するボヤけた反響音は、巨大生物のいななきに聞こえる。

構造物を抜けて、都会的な灰色混じりの空が顔を出した瞬間、目に飛び込んでくる小型のスピーカーとマイク。ようこそ、ここは関西最大の都市、大阪梅田。頭上に広がる天体を版画で刷って写したようなこの街では、光を集める巨大構造物に寄り添うように、塵のような小さな人々が存在する。惑星の引力から逃れられない衛星のような彼らは、歌という自己表現を反響させて宇宙の隙間を埋めている。この街の衛星、ストリートミュージシャン。名も無き月が今夜も地上で輝いている。

今、梅田には至る所にストリートミュージシャンが存在する。10年ほど前、彼らが活動する場は限定的であった。JR大阪駅と阪急百貨店、阪神百貨店までを繋ぐ大きな歩道橋である新梅田歩道橋(のちのよろこびっくり橋)の上、またそのちょうど中間地点の御堂筋線乗り口前の地上。当時警察のチェックも厳しかったこともあり、これらの場所がせいぜいであった。大層な機材を運び、大きめのスピーカーから音を出す四人のバンドマンたちは、玉石混交ながら、圧の高いパフォーマンスを肌で感じさせてくれるモノが多かった。

時が経ち、折りからの再開発を経過して、梅田の街はすっかりと変わった。巨大なビル群の大幅な増加で、商業圏も拡大し、分散。全てが都会的で清潔になった。阪神、阪急、JRの緊張関係の中心にあった新梅田歩道橋、そこに溜まったエネルギーの象徴であったストリートミュージシャンも、分散する商業ビルの磁力に引っ張られて半径1キロ圏内の地上に散らばって行く。

現在、梅田のストリートミュージシャンの活動地点は、私が把握してる限り、以下の場所となる。
HEPのすぐ前、HEP前の横断歩道を渡った阪急側、JRと阪急百貨店を繋ぐ横断歩道の阪急側、ナビオと阪急百貨店を繋ぐ横断歩道の阪急側、グランフロントうめきた広場、JR大阪駅一階ヨドバシカメラ側、そして冒頭に記述したJR大阪駅一階大丸百貨店側。
一箇所の音を聞き、次の音を聞くのに5分もかからない位置で濫立している。本当に今の梅田はストリートミュージシャンのメッカとなっており、この点はもう少し認識されるべき文化的事象であろう。
しかも、このミュージシャンたちには二つ大きな特徴がある。一つ目はカバーが多いこと、二つ目はソロ(歌のみ)であること。機材の小型化と音楽の潮流が相まって、ポータブルなシステムでのお手軽な歌唱が中心となり、そのことがまた数の増加(とそれに伴うクオリティの上下)に寄与したと思われる。

秦基博のひまわりの約束、一青窈のもらい泣き、この二曲は現代の梅田のソウルミュージックと言っても過言では無いほど、日々ストリートでカバーされている。その他、平井堅や、星野源、果ては三代目J SOUL BROTHERSまで。ジャンルの垣根はなく、テレビで流れる曲が原曲を忠実に再現した打ち込みトラックでカバーされており、極端な場合はCDシングル収録のカラオケバージョンがそのまま流されている。オリジナル曲や、その人の音楽的個性が色濃く反映された通好みの楽曲が歌われることは少ない。
極めて純度の低い表現欲求が極めてイリーガルな活動(JASRAC、警察機構 に対して)に帰結したこの現状は、かつてのある文化を思い出させた。それがタイトルにもある青空カラオケだ。

tennouji37

青空カラオケとは、大阪市南部の中心地、天王寺にある天王寺公園で30年に渡り存在し続けた野外のカラオケ小屋群のこと。2003年に強制撤去されるまで9軒が軒を連ねていたそうだ。
青空カラオケは、良くある防音扉と壁で仕切られたカラオケ屋と違い、文字通り青空の下にスピーカーを出し極めて簡素な小屋から、野外に向けてその音を響かせるスタイルであった。ジャマイカの路上サウンドシステムを思わせるそれらは、当時のご当地の雰囲気と相まって、混沌とし、そら怖ろしく感じられたものだ。客層は年配の人間が多く、何かを表現したいというよりもむしろ純粋にただ人前で歌いたいという感情が煮詰まって、吹きこぼれたようだった。
青空カラオケは、既得権益と法のパワーバランスによりその存在を綱渡りで成り立たせていたが、2000年代初頭に大きく報道されたことにより強制撤去へと至っている。

それから10数年が経ち、ほんの10キロ離れた梅田の路上を「歌ってみた」世代の若者たちが賑わせている。恐らく彼らは、青空カラオケのことを知らない。
しかし創作能力やスキルフルな技術の発露、稀有な音楽性の世間への問い掛けなどではなく、プリミティブな自己顕示欲とより強い関係を結んでいるように見える彼らのパフォーマンスは、新梅田歩道橋にいたバンドマンの継承と言うよりもむしろ、天王寺公園という場を追われた青空カラオケシーンのアップデートに感じられてならない。歌のクオリティもほとんどが推して知るべしの状態なので、これをカラオケと違うと見ることが出来ようか。天王寺から少し離れた梅田の地で、現代の青空カラオケは形を変えて息づいている。

HEP前、下手くそな秦基博を目を閉じて歌う青年を三人の若い女の子が取り囲んでいる。東京みたいに綺麗な梅田の街で、大阪の猥雑な月を眺めている。

kansai socal radio特別編「ラ・ラ・ランド」を語る!

公開されるやいなや、前作「セッション」以上に賛否両論を巻き起こした

ダミアン・チャゼル監督作品「LALA LAND」

アカデミー賞での取り違え珍事や、菊地成孔の酷評レビューなども含め話題になっている本作を関西ソーカルの2人、オノマトペ大臣(支持派)神野龍一(否定派)の2人で語り合いました

2月15日イベントのお知らせ

プロダクトークアウト
月亭太遊・オノマトペ大臣・神野龍一プロダクトークアウト!

関西ソーカル、上方落語、PR0P0SE…新作を作ることによる文化イノベーションの可能性について
■内容
新作落語や雑誌、音楽活動などを通じて。現在においての新作をつくることの意義や、その可能性についてを語らう会
神野龍一とオノマトペ大臣が行なっている「関西ソーカルラジオ」
月亭太遊と神野龍一による「bar moon palace」の合同企画です。
第一部
トーク:新作落語の現在
イノベーションを続ける意義

第二部
新作落語、その実践と解説
落語一席披露

2月15日

7時15分開場
7時30分開演
9時45分終了

■料金(チャージ、予約料金・当日料金、1ドリンク付など)
1500円(1ドリンク付き)

■お問い合わせ&予約受付先

■プロフィール(講師、出演)
月亭太遊
落語家。2010年に月亭遊方に入門。2013年にはNHK新人演芸大賞に出演。落語とメタルや、ラップを融合させた新作落語などを発表している。
オノマトペ大臣
ラッパー、会社員。2012年tofubeatsにfeatされた「水星」はインディーズながらiTMS総合チャート1位という快挙となる。他、PR0P0SEやトーベヤンソン・ニューヨークなどの音楽活動の他、雑誌関西ソーカルの主宰として執筆活動も行なっている。
神野龍一
ライター、上方落語レビュワー
関西文化の活性化を目指し、自身が主宰している雑誌関西ソーカルが京都新聞や朝日新聞に取り上げられるなど、これからの活動が最も注目されるライター。

Kansai Socal Radio 2016 December

関西ソーカルラジオ年末号

収録日 2016年12月18日

収録場所 中津シカク

登壇者:神野龍一、中尾賢司(kenzee観光第二ビル)、はやとちリミックス、時々シカク店主の巴さん

大臣、忘年会のため欠席!今年の総括をするはずが、どんどん話が逸れに逸れ、TSUTAYAやシャ乱Qや田中康夫の話をしてしまうという回

前半

来年はプロップスを上げたい/サブスク「データの束は古い」/TSUTAYAの思い出/SMAP解散/浪曲派の人たち/日本語ラップブーム/物語を背負わない/KOHHすごい/宇多田のアルバムは…/井上陽水/占い師の時代/今年ベスト&ワースト

J-POPと邦楽/文枝もみた「君の名は」/星野源問題/シンゴジラの見栄/北野武映画が好き/男の「女唄い」/モノマネ/トンカツあげ太郎の最近が良い/田中康夫/シミュラークルが強い/来年の提言/twice/テレビやメディアの変化など

[radio]kansai socal radio 2016 October

関西ソーカルラジオ10月号!

・10月1日のイベント「ミクシィ以降歌詞を書くことは野蛮である」の振り返り

・はやとちりミックス(校閲ボーイ)さんの投稿(デザイン、寺山修司など)

・kenzeeさんからの質問など(アメリカ帰り、これはやりたくないスタンスなど)

お知らせ

販売店に、MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店が追加されました

五階芸術書コーナーでフェア開催中!バックナンバーに加え、2人が選んだ選書を紹介するコーナーも増設される予定です。

また、中津のhawaii recordさん、京都VINYL7 RECORDSさんでも販売中です

また、中津シカクさん、神戸1003さんも引き続き販売中

[radio]kansai socal radio 2016 september

鞍馬天狗と豊中パワーポインターによるトークラジオ公開

二重国籍/柴狐/サイゼリヤ/関西ソーカル3が出ました/オカダダtweet/代用魚/大臣の連載/小鉄マンガ/ユダヤ流民/90年代リバイバル/井の中の蛙話/田中論文「京都のクラブカルチャー」/真面目に運動するな/体を鍛える/宇良/あだ名をつけてやる/ONIGIRI’s/好きな野菜/子供の頃のトラウマ

告知

関西ソーカル3、9月18日の大阪文フリに出店します!

ブースはI-19。端ですが是非お越しください。(ブースで落語を少し披露するかも?)

また、中津シカクさん、神戸1003さんにも販売させていただきました!

これから販売店も増やしていく予定ですので是非お待ち下さい!(おいていただける店もぜひご連絡お願いします)

[side-B]アートに触れる喫茶店  神野龍一

雑誌(こちら!)では京都で今は訪れることの出来ない痕跡地の話をしたので、WEBでは京都で訪れる事のできる場所、特に好きな喫茶店の話をしようと思う。もうすぐ芸術の秋、ということで「アートに触れる喫茶店」を自分の知っている中から3店。

 現在はスペシャリティーコーヒーがカジュアル化した形であるところの「サードウェーブ」全盛期であるが、やっぱり京都の喫茶店はファーストウェーブ、純喫茶の雰囲気もやはり捨てがたい。

 京都の老舗喫茶といえば河原町四条降りてすぐにある「喫茶ソワレ」。ここにあるのが、昭和期に美人画で名を馳せた東郷青児1897−1978)の絵がプリントされた絵皿や、コースターなど様々な絵を見ることができる。この店の名物であるカラフルなゼリーポンチを頼むと、氏の幻想的な作品世界に自分も入り込んだような気分になる。東郷青児は生前は浮名も随分成したということが宇野千代「色ざんげ」などを見るとよく言われているのだが、いわゆる「美人画」の名人は女性関係がかなり派手だった人が多い。その美人画における大正期のスター竹下夢二も、女性のエピソードは事欠かなかった。


 そんな竹下夢二の美人画と大正ロマンを引き継いだ画家に小林かいち(1896-1968)がいる。木版で描かれた彼の美人画は泣く姿やしなだれた姿をモチーフにしたものが多く、すこし病的でデカダンな雰囲気を醸し出していて、自分は特に好きな作家。昭和にかけての人気は根強く、当時関西にいた谷崎潤一郎の小説内で彼の図案が言及されていたりするほど。当時、男女交流の最もポピュラーであった手段、「文通」で最も使用されたのが彼の図案による便箋の数々でした。使われ方がなんか、今で言うLINEスタンプみたいですね。一時は消息もわからず、幻の画家とされていましたが2008年、息子が帯図案をしていた父の遺品の中から木版を発見し、小林かいちの出自が明らかとなりました。それによって近年再評価がさかんにされており、個人的にも彼の作った絵葉書や封筒などを復刻したり回顧展を京都でやってくれると嬉しいのですが…

 では今は彼の作品が見れないのかというと、実は現存しています。堀川今出川から西へ入ったところ、西陣にある「逃現郷」という喫茶店は2010年開店という比較的新しい店でありつつ、昔ながらの喫茶店の雰囲気を大事にしている喫茶店で、店の猫が迎えてくれる自分の行きつけの喫茶店の一つです。そこの部屋、奥に実は小林かいちのイラストが飾られていることはあまり知られていません。そこにあるのは彼の代表作の一つであるトランプの柄をあしらった四枚組の連作イラスト。訪れる際は是非ご覧になってください。

逃現郷

関連ランキング:カフェ | 今出川駅

 最後に紹介するのは、やはりこの人を触れずにはおけません。日本絵画史上最初に世界的成功を得た画家、オダギリジョー主演で映画化された藤田嗣治(1886−1968)。氏の絵を見ることのできるのは京都大学から少し歩いたところにある日仏会館内にある「ル・カフェ」。カフェラッテシルブプレ、このカフェはまさにおフランスとしか言いようのない雰囲気を味わうことができるのですが、ここに飾ってあるのが「ノルマンディーの四季」という油絵による大作です。これは36年、氏が画家として脂の乗った時期の力強さを感じることのできる作品です。

 これはいわゆる藤田嗣治における「前期パリ期」の画風ですが、実は後期の藤田の絵も京都で見ることができることはあまり知られておりません。京都御所を西へ入ったところにある「弘道館」は、かつて江戸時代に3千人以上の門下生を従えた儒者・皆川淇園が創立した学問所でした。近年マンションが建てられることによる取り潰しの危機に合い、運動の甲斐もあって2013年、公益財団法人として保存されることになりました。現在はここで茶会やイベントが行われております。特に江戸期からある建築で炭を入れて茶を立てられる場所は貴重で、これに触れる贅沢を是非皆様にも体験していただけたらと思います。そこにあるのは晩年の作品が掛け軸で掛けられております。この時期の藤田の絵は少女のポートレートを描くことが多く、よく「奈良美智の原型」みたいなことも言われる作品です。

 

 自分が訪れた時、この場所での体験はとても贅沢なものでした。それは「吉坊ゆらり噺」という催しで、桂吉坊氏による落語を一席した後、木ノ下歌舞伎を主宰している木ノ下裕一と落語と歌舞伎の関係などを語り合うというイベントです。その時話した落語は「猫の忠信」夕方に天然のろうそくの明かりのみで聴く氏の落語はそこだけが江戸時代に戻ったかのようでした。少し桂吉坊氏の話をすると、氏は若干30代中盤ながら繁昌亭奨励賞を受賞した若手のホープで、故桂米朝の最後の内弟子修行者(直接の師匠は桂吉朝)。落語だけでなく邦楽、舞などの他の古典芸能にも造詣が深いまさにサラブレッドと言っていい存在。彼の話す落語は楷書を思わせる歯切れの良さと、正統派を通していけるしっかりとした技量を感じさせます。かつてエドワード・サイードがグレン・グールドの弾くバッハを、バッハの作品構造を精緻に理解し、それを現代に再現させている様子をボルヘスの短編、『ドン・キホーテ』の著者、ピエール・メナール」に例えて語ったようなことを、吉坊氏の演ずる古典落語にも言えるかもしれません。

その古典の造詣と技量、そして建物の設備が相まって、まるでここが江戸時代へとタイムスリップしたかのような体験をさせてくれます。

(さらに余談を続けさせていただくと、75年の神戸で行われたSF大会で米朝が話した「地獄八景亡者の戯れ」はどこかに保存されていないのだろうか。このSFと落語の特異な交差の記録をどうしても掘り返したいところです)。

 

 落語の後の対談では、「猫の忠信」の元ネタとなった歌舞伎の演目「義経千本桜」の話をへ。ここで登場するのは狐が忠信へ化けて鼓の皮にされてしまった自分の両親へ会いに来るという話を、落語では猫の皮、鼓を三味線にしたことや、その演目の見せ場、特に猿之助による狐の素晴らしさなどを熱く語り合っておりました。(ここで一つ付け加えると、この狐の皮で作られた鼓の名が「初音の鼓」といわれており、それが「義経千本桜」で使われていること、ピンときませんか?そういえば、「千本桜」はニコニコ大会議で演じられましたね。「初音」と「千本桜」こうやって古典から現代は繋がっているんですね)ここで語っていた吉坊氏も木ノ下氏も、ともに古典芸能を引き継ぎ、それを現代にいかにアップデートしていくかというテーマに挑戦している二人、そのリスペクトの深さは自分の胸に深く響きました。

この「吉坊ゆらり噺」、9月3日にも開催されますので興味がありましたら是非足をお運びください。

吉坊のゆらり咄

 とまれ、江戸〜大正〜昭和にかけての文化、そしてもちろんそれを「少し前」に入れてしまえるほどの歴史を抱えている京都はまた、新しい物を取り入れつつ、それをそのまま別々に保存している街でもあります。ちょうど、新京都学派として名を馳せた今西錦司の「棲み分け理論」のように、一つの時代区分ごとにそれらが並列に保存されている街、京都。関西ソーカルvol.3には、その京都の90年代、クラブカルチャー勃興期の歴史を書いた、田中亮太氏による特別寄稿も頂きました。「京都クラブカルチャーの歴史」ぜひご覧ください。

 

[side-B]コラム 春にして梅田で君を想う オノマトペ大臣

四年間の千葉住まいを終えて梅田に帰ってきた。久しぶりに降りたったJR大阪駅(梅田)は、高校時代に毎日通っていた、それとはまるで別の巨大な帆船のようであった。隣接するデパートはJR大阪三越伊勢丹(150m)という名前で、大阪にこんなものができたんだぁと心底驚いたのを覚えている。

LUCUA 1100 at 2nd April 2015.JPG

それから三年が経った。2015年はバックトゥザフューチャーで向かう年、とたしか神野さんが言っていたけど、私にはバックトゥザフューチャーよりも未来を生きているような気すらしている。

2001年の頃、高校に入学した。私の通う高校は大阪の京橋という下町にあり、実家のある兵庫県西宮市から通う際によく梅田を利用していた。当時の梅田には、阪急百貨店や阪神百貨店、大丸、それからヘップファイブ(106m)という観覧車を備えた若者向けのファッションビル、それに併設された大人向けのヘップナビオ、ロフトの大きいビル、また若い女子用にエストというJR大阪の高架下を利用した施設があった。私はそこから結構歩いた北新地の近くにある丸ビル(123.92m)という円形のビルに足繁く通い、その中のタワーレコードで年中ヒップホップを試聴していた。

Osaka Marubiru.JPG

それから大学生が終わるまでの間に、駅前に大きなヨドバシカメラができ、e-maというセレクトショップがいっぱい入ったファッションビルができ、ハービスエント(190m)というちょっと高級なデッカイ商業施設ができた。餃子スタジアムという謎な施設ができて、ゲームセンターに変わったり多少の紆余曲折はあったものの、基本的には一方的に梅田という街は発展しつづけた。

Umeda1.jpg 

大人になって自分が帰ってきたあたりではさらに発展し、JR大阪三越伊勢丹に、ルクア、ブリーゼブリーゼ、少しはずれにはNU茶屋町(114m)。一時は閉店していたJR大阪駅の地下街も復活し、さらに阪急百貨店は豪華絢爛な作りと馬鹿でかいオフィスタワーを備えた形(186.95m)に変化。

Mido-suji Osaka01s4s3200.jpg

大阪に帰ってきてから今日まで約3年程の間で、一つの街ぐらいデカいグランフロント大阪(179.5m)ができ、地下のちょっとした小道にはエキーモという店舗街ができた。JR大阪三越伊勢丹は中身を大きく変えルクア1100として生まれ変わわり、大きなユニクロの旗艦店も誕生した。

Grand Front Osaka South Building.JPG

目が回る。いま梅田に降り立つとどこが北か南か分からないほど、商業ビルがありこちらに手招きをしている。ここは本当に梅田なのか?わずか10数年でここまでなると誰が予想したことだろう。高校時代の俺に言ってやりたい、2015年のお前は毎週末梅田でばっかり飯を食ってるぞ、と。それでもまだまだ1000分の1位しかのれんをくぐっていない。

 

とんでもない数のバカデカイ商業施設が乱立しても尚、東通り商店街やかっぱ横丁、大阪駅前ビルにDDハウス、阪急三番街といった昔ながらの商業街にもしっかりと店が抜けなく入っている。梅田は冗談じゃなく、自分が高校の頃より4倍ぐらいデカくなっている。最近大阪に転勤してきた上司もこのことにすこぶる驚いていた。まるで建物を吸い込むブラックホール状態だと。

 

しかし、このとんでもない街の密集化は他の地域には伝わっているのだろうか。非常に疑問である。

 

昔から関西人は東京に対してコンプレックスを抱きやすい。実際「東京23区」と「大阪市」を比較すると、比較するレベルじゃないほど、人口も建物の数も何もかも大阪は東京に歯が立っていない。

だけど、この空前の商業地区、梅田は面積当たりの商業ビルの率でいうと、恐らく東京のどの地区でも太刀打ちできないのではないか。

四年程前六本木に行ったとき、たしかに六本木ヒルズはすごかったけど、そのほか六本木に行けそうなところはなかった。渋谷もそう、東京駅ちかくもそう。どこもすごい大都会だけど、常識の範囲内であった。今の梅田は常識を超えている。ように見える。他はともかく梅田だけは勝つ、という方針なのかもしれない。

今度あの巨大な貨物駅が潰れたあとにまた何か作るらしい。本気なのか。

 

別になんのメッセージもないけど、こういうこと伝えておきたいなぁと思いました。今日も梅田で君を想う。

2015.4.30

関西ソーカルvol.3は9月8日発行が決定しました。内容の詳細はこちら。週末から開けにかけて神戸、京都、大阪での手渡し販売も行う予定です。詳細はまた追って報告いたします。

関西ソーカルvol.3


スクリーンショット 2016-08-01 16.55.14

interview:metome

客体 として触れる音楽 / 世界 /SNS

interview:zico

音楽を語る言葉の現在 Neralt

「キッチリ委員会」をめぐる冒険 ~村上春樹と田中康夫~ 中尾賢司

文学の中だけの京都 神野龍一

流氓ユダヤの神戸 ユダヤ難民と丹平写真倶楽部 加藤哲平

具体美術協会に関する考察 3 ~グタイピナコテカについて~ オノマトペ大臣

特別寄稿 京都のクラブカルチャー史〈前篇〉 田中亮太

4コマ漫画 小鉄

tweet okadada

新書版 124p

PRICE:¥1000+tax

長らくおまたせしていた「関西ソーカル」のVOL.3。ようやく今月中に発行できる目処がたちました。
今回、デザインをparagramの赤井祐輔氏に協力して頂き、とても洗練された雑誌に生まれ変わりました!

販売店

MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店
五階芸術書コーナーでフェア開催中!バックナンバーに加え、2人が選んだ選書を紹介するコーナーも増設される予定です。

中津 hawaii record
中津 シカク

京都VINYL7 RECORDS

神戸1003

東京 赤坂 双子のライオン堂

委託販売店舗も随時募集中です。

 

個別の注文ももちろん募集中
購入を申し込まれる方はこちらへ希望冊数を記名の上、お送りください。
もちろん、バックナンバーのvol.2(¥500円)vol.1(¥300)もお伺いしております
関西ソーカルvol.2 特設サイト

雑誌代+郵送代(冊数による変動)を返信させていただきますので、指定の振り込み口座に入金をよろしくお願いします。

関西ソーカル 主宰 神野龍一