金色夜叉の可能性~吉岡里帆へ贈る#1

突然ですが吉岡里帆さん、かわいいですよね。

京都出身のはんなりした雰囲気をもちつつ、芯の強そうな感じなどても素敵です。

2017年上半期のブレイク女優一位にも選ばれ、7月からは初のヒロインとしてドラマ「ごめん、愛してる」に出演。CMやテレビ、雑誌の表紙など毎日見ない日はないほどのブレイクっぷりで、昨年の夏、河原町駅で団扇を配っていたキャンペーンを身に自転車を走らせて駆け付けたのがすごい昔のようです。(間に合わなかった)

 

そんな彼女のブレイクのきっかけとなったのが、NHKの朝ドラ「あさがきた」。そこで、堅物な女学生田村宜を演じたことで、彼女の人気は急上昇します。そのドラマの象徴的なワンシーンとして、彼女が新聞連載の「金色夜叉」に夢中になるシーンがあります。


尾崎紅葉の『金色夜叉』は明治30年の元旦から、読売新聞紙上に連載が開始されました。当時の読売新聞は「大新聞」と呼ばれ、それまで小新聞と呼ばれた硬派な政治ジャーナリズムに加え、娯楽読み物などを加えたコンテンツで世間に浸透していきます。そのキラーコンテンツの一つが、当連載でした。

 

 

しかし、現在において尾崎紅葉、そして『金色夜叉』はほとんど知名度的には落ちている、といってよいでしょう。

それは文語体と漢学の素養による華麗な雅俗混交体に対して、2015年に生きる自分たちがあまりにも遠くなってしまったからでしょう。

例えば現在刊行されている、河出書房「日本文学全集」では、尾崎紅葉の名前は存在しておらず、最後の文語体作家は樋口一葉で、それも川上未映子氏による「現代語訳」がなされております。それほど、文語というものに我々現代人が遠ざかってしまったということでしょう。ちなみに、樋口一葉が亡くなったのは金色夜叉連載の一年前。日本文学全集の次の巻は口語文である夏目漱石で、彼は尾崎紅葉と同い年ですが紅葉没後にデビューしています。自分も、読み慣れない擬古文による雅俗混交体を、角川文庫から出ている山田有策によるガイド本を片手に、なんとか読みこなしたという程度の人間です。

 

 しかし、尾崎紅葉は明治最大のベストセラー作家の一人であり、そもそも「小説」のみで身を立てるということに成功した日本初のプロ小説家であり、『金色夜叉』は「流行小説」のはしりでした。読売新聞はこれによって部数を飛躍的に伸ばし、小説をむさぼるように読んだのは決して宜さんだけではありませんでした。それはメディアを含めて、大衆社会が誕生する萌芽の時期でもあったということができるでしょう。ある人は遺言として「金色夜叉の続きを棺桶に入れてほしい」といったほどです。

 

それは時代と場所、そして媒体を越え、様々なブームを巻き起こした。それは弟子たちによって描かれた続編(スピンオフ)や、芝居や劇、はては音楽までのメディアミックスを巻き込んで明治の終わりから、大正時代を通じて高まっていきます。その名声は昭和3年、改造社から出版され後の「円本ブーム」の嚆矢となった「日本文学全集」の第一巻が他でもない尾崎紅葉だったことでも、当時なお紅葉の人気が高かったことがわかります。

 

おそらく紅葉の起こしたブームの残響は明治から大正を超えて、昭和の末までは届いていたように思われます。そして、それが現在途絶えてしまった。おそらく現代のわれわれが抱える日本の断絶の一つだろうと私は思っています。その一つが文語文であり、尾崎紅葉はそれまでの近松、黙阿弥などの元禄文学のエッセンスをふんだんに作品に込めつつ、それを近代化へ向かう日本人向けにチューンナップして執筆しました。その意味で紅葉の作品の残響は、そのまま江戸時代の残響でもあったといっていいでしょう。山本夏彦は「文語文」の中で、それまでの文語文の伝統までは、尾崎紅葉は元禄文学の継承者であり、樋口一葉は清少納言から続く日記文学の最後の系譜であったことを指摘しています。

 

連載が開始した明治30年から、時を待たずして『金色夜叉』は他メディアに翻案、今の言葉で言うメディアミックスされていきました。しかし、その際において、原典にはなかった部分、また間違いや勘違いといったものも多く散見されます。それは当時当時の人々の持つ価値観が移り変わり、その価値観が作品に反映されていったからであることはいうまでもありません。それはもちろん「現在」の私たちも変わりません。だからこそ今回私は吉岡里帆という現代最も‘旬‘な女優を触媒にして、明治、大正、昭和にかけて、日本人の経済観、恋愛観などは大きく変化し、それに合わせて作品の解釈も変わっていきます。この連載は、一つの作品の翻案などを見ていくことでそれを辿っていくことができたら、と思っています。

 

大塚英志は、「物語消費論」において人が二次創作へと向かう理由を「キャラクターへの愛」から発し、その結果男性キャラクター同士が同性愛関係にあるというようないわゆる「やおい」といった原作の逸脱性すらを生みだしていくと書いています。『金色夜叉』が生み出された当時の翻案は正確には「二次創作」ではない。しかし、そこには小さな所で原作への逸脱が含まれており、そこから翻案者や読者の「なぜそう読み取ったのか」という欲望を知ることができると考えることもできます。そこで、それらの翻案を見ていき、なぜ翻案者とそれを受けとった読者や観客はそのように『金色夜叉』を「誤解」していったのかを見て行きましょう。

[再掲]神戸詩人事件

この原稿は2013年関西ソーカルvol.1「関西人物列伝」に掲載したものを再掲しています

亜騎保〜逮捕された詩人

 

山師のやうな

ホホヅキを鳴らし

貝殻派の下宿に

アミダをひけば

ポムプをになつた牡猫と雄鶏がでてきたり

オンドリをくはえた伊勢名物のセルパンが

職業的に啼いてゐたりした

二階のパイプ磨きがユタンポにぬくもり

安価な気候に於て些少のタビを考えた

藪ン中を歩く修身の午後よ

眠らないでをくれ

(「レモン畑の意地悪」より抜粋)

 

この、シュールでありながら作者の伸び伸びとした想像力を活き活きと感じさせる詩を書いたのは亜騎保という、大正4年生まれの詩人だ。

彼は昭和の初期から詩人としての活動を開始し、当時の勃興しつつあったモダニズム運動、シュルレアリズム運動に呼応しながら、独自の視点でそれらを咀嚼しつつ、輸入技術にとどまらない日本的な風土というよりかは、一つ上の世代である稲垣足穂「一千一秒物語」にも似た、当時の新開地を中心とする神戸の異人や、怪しい物売り、貧しい人などが入り乱れた騒々しい、がやがやした突拍子もなく、しかしどこか牧歌的な雰囲気を感じさせる自己表現としての詩を書き続けた。

様々な詩誌を送り出し、旺盛な活動をしていた亜騎の活動はしかし、昭和15年に一旦思いもよらない形でストップすることになる。それが、「神戸詩人事件」である。

 

神戸詩人事件は1940年、詩誌「神戸詩人」に参加していた詩人14人を検挙。発案者であった小林武雄や竹内武男はもとより、参加者であった亜騎も同様に逮捕される。

これは、シュールレアリスム運動の本場であるフランスで、運動参加者たちがこぞって共産党に入党したりした(これは批判をかわすためのポーズの意味合いが強かったらしい。後に運動の主導者であるアンドレ・ブルトンは除党)ことで、シュルレアリスム=共産主義者というレッテル貼りをした兵庫県警特高課によって、打倒天皇制を目論んだとのデッチ上げを食らい、結果として、亜騎は懲役2年、執行猶予3年という厳刑を受けることとなる。しかし、この亜騎の詩のどこをとってみても、そのような反体制的な態度など微塵も感じることのない。

「アウシュビッツ以降詩を書くことは犯罪だ」と言ったのはアドルノだが、戦時中の治安維持法があったころ、このような極めて非政治的な作風である詩人でさえ一旦当局に目をつけられてしまうと、罪を被せられることなどいくらでもありえたということだ。一説によると、シュルレアリスム独特の奇異な言い回しが、「反体制派の暗号ではないか」という疑いすらあったらしい。そしてそれは、新たな文化運動、芸術運動を目論む若者たちに対する、他の者からの奇異(時には嫌悪を持った)な目線によって排除されてしまうことも度々ある。

現に2010年代には、大阪や福岡など地方を皮切りにどんどんクラブへの規制が厳しくなっており、経営者たちが「ダンスをさせた」という罪から検挙される例が起きており、それについての是非が問われていた。その結果大阪のクラブが軒並み閉店と営業時間の短縮を余儀なくされ、大阪のクラブカルチャーの活動は一旦停止されているか、ほぼ死んでしまっているといってもいい状態となっていた。その後、風営法の改正と同時に一部の認可店は営業を許可されるようになり、公式に「国際都市にナイトライフは欠かせない」というにあたって筆者は戦後すぐに教科書に墨を塗った小学生のような気分にすらなったものだった。

「詩を書くこと」と「踊り続けること」、それでも戦時下において反戦的な詩を書き続けた反骨の詩人金子光晴のように活動をすることはできないまでも、「反戦」「反政府」のようなメッセージやもちろん「体制寄り」の立場に立たなくとも、そのような気負いなく、自由に行動し、言葉にすることができる世の中であって欲しいと心から願う者の一人として、このような事件があったという事実、それに巻き込まれた詩人がいたことを語り残しておきたいと思った。

足立巻一「親友記」には、勾留から戻ってきた亜騎から、普段は本音を吐くことの滅多にないこのシャイな詩人の、このような一言が残されている

 

「取り返しがつかん、の一言に尽きる!」

 

大阪、本町にあったクラブ「nuooh」。多くの若手DJや新規イベントなどが行われたこのクラブも同じように風営法からのクラブ規制で営業時間を短縮され、フロアにはテーブルや椅子が設置された「飲食店」となった後、2012年5月閉店を余儀なくされた。その最終公演、関西若手No.1DJオカダダの入魂の四時間ノンストップのDJを聞きながら、僕自身このような現状に怒りを禁じえず、フロアにあるテーブルや椅子を端に放り出してしまった。一旦終わってしまったものは、前と同じようには取り戻せないのだ。

 

参考資料『兵庫の詩人たち』君本昌久・安水稔和編 神戸新聞出版センター

『親友記』足立巻一 新潮社

神戸新聞の記事より

kansai socal radio特別編「ラ・ラ・ランド」を語る!

公開されるやいなや、前作「セッション」以上に賛否両論を巻き起こした

ダミアン・チャゼル監督作品「LALA LAND」

アカデミー賞での取り違え珍事や、菊地成孔の酷評レビューなども含め話題になっている本作を関西ソーカルの2人、オノマトペ大臣(支持派)神野龍一(否定派)の2人で語り合いました

2月15日イベントのお知らせ

プロダクトークアウト
月亭太遊・オノマトペ大臣・神野龍一プロダクトークアウト!

関西ソーカル、上方落語、PR0P0SE…新作を作ることによる文化イノベーションの可能性について
■内容
新作落語や雑誌、音楽活動などを通じて。現在においての新作をつくることの意義や、その可能性についてを語らう会
神野龍一とオノマトペ大臣が行なっている「関西ソーカルラジオ」
月亭太遊と神野龍一による「bar moon palace」の合同企画です。
第一部
トーク:新作落語の現在
イノベーションを続ける意義

第二部
新作落語、その実践と解説
落語一席披露

2月15日

7時15分開場
7時30分開演
9時45分終了

■料金(チャージ、予約料金・当日料金、1ドリンク付など)
1500円(1ドリンク付き)

■お問い合わせ&予約受付先

■プロフィール(講師、出演)
月亭太遊
落語家。2010年に月亭遊方に入門。2013年にはNHK新人演芸大賞に出演。落語とメタルや、ラップを融合させた新作落語などを発表している。
オノマトペ大臣
ラッパー、会社員。2012年tofubeatsにfeatされた「水星」はインディーズながらiTMS総合チャート1位という快挙となる。他、PR0P0SEやトーベヤンソン・ニューヨークなどの音楽活動の他、雑誌関西ソーカルの主宰として執筆活動も行なっている。
神野龍一
ライター、上方落語レビュワー
関西文化の活性化を目指し、自身が主宰している雑誌関西ソーカルが京都新聞や朝日新聞に取り上げられるなど、これからの活動が最も注目されるライター。

[side-B]アートに触れる喫茶店  神野龍一

雑誌(こちら!)では京都で今は訪れることの出来ない痕跡地の話をしたので、WEBでは京都で訪れる事のできる場所、特に好きな喫茶店の話をしようと思う。もうすぐ芸術の秋、ということで「アートに触れる喫茶店」を自分の知っている中から3店。

 現在はスペシャリティーコーヒーがカジュアル化した形であるところの「サードウェーブ」全盛期であるが、やっぱり京都の喫茶店はファーストウェーブ、純喫茶の雰囲気もやはり捨てがたい。

 京都の老舗喫茶といえば河原町四条降りてすぐにある「喫茶ソワレ」。ここにあるのが、昭和期に美人画で名を馳せた東郷青児1897−1978)の絵がプリントされた絵皿や、コースターなど様々な絵を見ることができる。この店の名物であるカラフルなゼリーポンチを頼むと、氏の幻想的な作品世界に自分も入り込んだような気分になる。東郷青児は生前は浮名も随分成したということが宇野千代「色ざんげ」などを見るとよく言われているのだが、いわゆる「美人画」の名人は女性関係がかなり派手だった人が多い。その美人画における大正期のスター竹下夢二も、女性のエピソードは事欠かなかった。


 そんな竹下夢二の美人画と大正ロマンを引き継いだ画家に小林かいち(1896-1968)がいる。木版で描かれた彼の美人画は泣く姿やしなだれた姿をモチーフにしたものが多く、すこし病的でデカダンな雰囲気を醸し出していて、自分は特に好きな作家。昭和にかけての人気は根強く、当時関西にいた谷崎潤一郎の小説内で彼の図案が言及されていたりするほど。当時、男女交流の最もポピュラーであった手段、「文通」で最も使用されたのが彼の図案による便箋の数々でした。使われ方がなんか、今で言うLINEスタンプみたいですね。一時は消息もわからず、幻の画家とされていましたが2008年、息子が帯図案をしていた父の遺品の中から木版を発見し、小林かいちの出自が明らかとなりました。それによって近年再評価がさかんにされており、個人的にも彼の作った絵葉書や封筒などを復刻したり回顧展を京都でやってくれると嬉しいのですが…

 では今は彼の作品が見れないのかというと、実は現存しています。堀川今出川から西へ入ったところ、西陣にある「逃現郷」という喫茶店は2010年開店という比較的新しい店でありつつ、昔ながらの喫茶店の雰囲気を大事にしている喫茶店で、店の猫が迎えてくれる自分の行きつけの喫茶店の一つです。そこの部屋、奥に実は小林かいちのイラストが飾られていることはあまり知られていません。そこにあるのは彼の代表作の一つであるトランプの柄をあしらった四枚組の連作イラスト。訪れる際は是非ご覧になってください。

逃現郷

関連ランキング:カフェ | 今出川駅

 最後に紹介するのは、やはりこの人を触れずにはおけません。日本絵画史上最初に世界的成功を得た画家、オダギリジョー主演で映画化された藤田嗣治(1886−1968)。氏の絵を見ることのできるのは京都大学から少し歩いたところにある日仏会館内にある「ル・カフェ」。カフェラッテシルブプレ、このカフェはまさにおフランスとしか言いようのない雰囲気を味わうことができるのですが、ここに飾ってあるのが「ノルマンディーの四季」という油絵による大作です。これは36年、氏が画家として脂の乗った時期の力強さを感じることのできる作品です。

 これはいわゆる藤田嗣治における「前期パリ期」の画風ですが、実は後期の藤田の絵も京都で見ることができることはあまり知られておりません。京都御所を西へ入ったところにある「弘道館」は、かつて江戸時代に3千人以上の門下生を従えた儒者・皆川淇園が創立した学問所でした。近年マンションが建てられることによる取り潰しの危機に合い、運動の甲斐もあって2013年、公益財団法人として保存されることになりました。現在はここで茶会やイベントが行われております。特に江戸期からある建築で炭を入れて茶を立てられる場所は貴重で、これに触れる贅沢を是非皆様にも体験していただけたらと思います。そこにあるのは晩年の作品が掛け軸で掛けられております。この時期の藤田の絵は少女のポートレートを描くことが多く、よく「奈良美智の原型」みたいなことも言われる作品です。

 

 自分が訪れた時、この場所での体験はとても贅沢なものでした。それは「吉坊ゆらり噺」という催しで、桂吉坊氏による落語を一席した後、木ノ下歌舞伎を主宰している木ノ下裕一と落語と歌舞伎の関係などを語り合うというイベントです。その時話した落語は「猫の忠信」夕方に天然のろうそくの明かりのみで聴く氏の落語はそこだけが江戸時代に戻ったかのようでした。少し桂吉坊氏の話をすると、氏は若干30代中盤ながら繁昌亭奨励賞を受賞した若手のホープで、故桂米朝の最後の内弟子修行者(直接の師匠は桂吉朝)。落語だけでなく邦楽、舞などの他の古典芸能にも造詣が深いまさにサラブレッドと言っていい存在。彼の話す落語は楷書を思わせる歯切れの良さと、正統派を通していけるしっかりとした技量を感じさせます。かつてエドワード・サイードがグレン・グールドの弾くバッハを、バッハの作品構造を精緻に理解し、それを現代に再現させている様子をボルヘスの短編、『ドン・キホーテ』の著者、ピエール・メナール」に例えて語ったようなことを、吉坊氏の演ずる古典落語にも言えるかもしれません。

その古典の造詣と技量、そして建物の設備が相まって、まるでここが江戸時代へとタイムスリップしたかのような体験をさせてくれます。

(さらに余談を続けさせていただくと、75年の神戸で行われたSF大会で米朝が話した「地獄八景亡者の戯れ」はどこかに保存されていないのだろうか。このSFと落語の特異な交差の記録をどうしても掘り返したいところです)。

 

 落語の後の対談では、「猫の忠信」の元ネタとなった歌舞伎の演目「義経千本桜」の話をへ。ここで登場するのは狐が忠信へ化けて鼓の皮にされてしまった自分の両親へ会いに来るという話を、落語では猫の皮、鼓を三味線にしたことや、その演目の見せ場、特に猿之助による狐の素晴らしさなどを熱く語り合っておりました。(ここで一つ付け加えると、この狐の皮で作られた鼓の名が「初音の鼓」といわれており、それが「義経千本桜」で使われていること、ピンときませんか?そういえば、「千本桜」はニコニコ大会議で演じられましたね。「初音」と「千本桜」こうやって古典から現代は繋がっているんですね)ここで語っていた吉坊氏も木ノ下氏も、ともに古典芸能を引き継ぎ、それを現代にいかにアップデートしていくかというテーマに挑戦している二人、そのリスペクトの深さは自分の胸に深く響きました。

この「吉坊ゆらり噺」、9月3日にも開催されますので興味がありましたら是非足をお運びください。

吉坊のゆらり咄

 とまれ、江戸〜大正〜昭和にかけての文化、そしてもちろんそれを「少し前」に入れてしまえるほどの歴史を抱えている京都はまた、新しい物を取り入れつつ、それをそのまま別々に保存している街でもあります。ちょうど、新京都学派として名を馳せた今西錦司の「棲み分け理論」のように、一つの時代区分ごとにそれらが並列に保存されている街、京都。関西ソーカルvol.3には、その京都の90年代、クラブカルチャー勃興期の歴史を書いた、田中亮太氏による特別寄稿も頂きました。「京都クラブカルチャーの歴史」ぜひご覧ください。

 

関西ソーカルvol.3


スクリーンショット 2016-08-01 16.55.14

interview:metome

客体 として触れる音楽 / 世界 /SNS

interview:zico

音楽を語る言葉の現在 Neralt

「キッチリ委員会」をめぐる冒険 ~村上春樹と田中康夫~ 中尾賢司

文学の中だけの京都 神野龍一

流氓ユダヤの神戸 ユダヤ難民と丹平写真倶楽部 加藤哲平

具体美術協会に関する考察 3 ~グタイピナコテカについて~ オノマトペ大臣

特別寄稿 京都のクラブカルチャー史〈前篇〉 田中亮太

4コマ漫画 小鉄

tweet okadada

新書版 124p

PRICE:¥1000+tax

長らくおまたせしていた「関西ソーカル」のVOL.3。ようやく今月中に発行できる目処がたちました。
今回、デザインをparagramの赤井祐輔氏に協力して頂き、とても洗練された雑誌に生まれ変わりました!

販売店

MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店
五階芸術書コーナーでフェア開催中!バックナンバーに加え、2人が選んだ選書を紹介するコーナーも増設される予定です。

中津 hawaii record
中津 シカク

京都VINYL7 RECORDS

神戸1003

東京 赤坂 双子のライオン堂

委託販売店舗も随時募集中です。

 

個別の注文ももちろん募集中
購入を申し込まれる方はこちらへ希望冊数を記名の上、お送りください。
もちろん、バックナンバーのvol.2(¥500円)vol.1(¥300)もお伺いしております
関西ソーカルvol.2 特設サイト

雑誌代+郵送代(冊数による変動)を返信させていただきますので、指定の振り込み口座に入金をよろしくお願いします。

関西ソーカル 主宰 神野龍一

kansai socal radio spring

note

kansai socal radio 2016 spring 1

guest:tofubeats

新生活/転職活動/SNS炎上/情熱大陸への情熱/映画・テレビの話/お便りその1

kansai socal radio 2016 spring 2

「ハッピーアワー」がすごい/スタバで舐められないために/東京/これからの予定/お便りその2

download:http://www.mediafire.com/download/z9zf3nfst60yp41/kansai+socal+radio+2016+spring.zip